上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!  さとうです( 旧姓 山野  )
未だにずっと ヤマノ先生か ともこ先生と呼ばれておりますので、しつこいのですが一応書いておきます

 東口のビルに店が移ってから、
来春で もう一年が経とうとしています    どれだけブログをほったらかしにしてしまったのか・・・すいません


今年も本当に 忙しくさせて頂きましてブログが結局更新できないまま、また年の瀬になってしまいました、、、
・・・・このところ例年これを繰り返している気がいたします・・・


西口の古いビルの3階まで、永らく通って下さった方々に加え、
東口のビルに店舗を移してからも、
今年も本当に多くの皆さんがご予約くださいました。


多くの方々がご紹介してくださり、新規の患者様たちとの良い出会いが 今年も沢山頂けました。
本当にありがとうございました。 
 セラピーアート柏の花鍼灸院では  院長も私も
 今年も無事に一年が締めくくれそうです。

来春も
先々までご予約頂いているため
新規の患者様には、
なかなかご予約がお取りできない状況で、大変申し訳ございません。
キャンセル待ちもご利用ください。

  

 
今年は不妊治療からの出産も
例年よりも多く  悲しみや喜びを、幾度も共に味あわせて頂けた一年でした。

患者様のおんぶ紐を借りて 赤ちゃんを背負い、
おんぶしながらお母さんを治療する・・・という事もたびたび

こんな時、 自由に治療させてもらえて感謝です。
 ここで仕事をしてて良かったと思います。

また
小児の不調を診ていると、 だんだんと その子の心の成長も共にみていくことができ、
思春期から 大人への変化も、 感慨深く 院長と共に その子の成長が喜びになります。 

小さかった男の子が、いつの間にか
青年になっていてビックリ・・・ という日がたびたび。   そんなとき、自分の年齢もふと 感じますが・・・・嬉しいです。


 
皆さんの様々な 不調の改善は 何より嬉しく、

 そして 励みになります。 

 
院長も、 難しい小児の発達障害や、難病の患者さんに日々向き合って、
 経験と模索を繰り返しています。 

 わたしの前をいつも歩いていてくれ、  
道を作ってくれる院長には、日々感謝・・・
二人しかいないので、時には喧嘩もして気まずい日もありましたね・・・・ でも、それも いつの間にか 例年良い思い出です。

その後ろ姿に、 治療家の孤独や、
あるべき姿勢など、
今年もまた、沢山 学ばせてもらいました


 この治療院を知らない皆さんに
ここでは、こんなことをしているなど、HPでは伝えきれない様々なお話を、
お伝えしたいことは沢山あるのですが、

 日々の治療に追われ、院長もわたしもなかなかできず申しわけありません。



 ご紹介ではなく  まったく何も知らずにご予約を下さる新規の方には、
どんな人? どんな治療?と、不安もあると思います。
情報不足で申し訳なく思っております。

 
 


プライベートでは
10数年暮らした柏から、  浦和に越して2年が経ちました。

引っ越したとはいえ、毎日 柏に通っているのですが・・・・・。

通勤時間や、未だ慣れない満員電車

子供達の世話やご飯作り、家事、、、  
やる事の山です・・・・ 山盛りです。

幸い、
掃除や洗濯は、かなり子供達に手伝ってもらいながら、

今年もめいっぱい走りぬいたような気がします。


特に、この一年は、
子供達の身長が一気に伸び、 心身共に成長が著しく、
なんだか  嬉しさと、寂しさの混在した年でした・・・・
 

 どんなに疲れていても、
家に帰り 家族の笑顔をみれたら元気をもらいますが、

たいていは 何かしら怒って また更に、深夜にくたびれる・・・・という日々 (^^;)

そしてまた、満員電車にくじけて
ここへ来る訳ですが、、 

白衣をきると しゃきっと もろもろ吹き飛ぶのです。  不思議。


そして
患者さんに向き合い 治療している時間は
悩みや葛藤もありますが、
今年も なにものにも変え難い、 充実した学びと感謝の毎日でした。


 
ここへ通ってくださるすべての患者様、
 
長い時間を共有してきた 院長に、

今年も 本当に感謝 


そして 忙しいママを支えてくれた家族に感謝。


 
 
なんとかこうして 

少しでも誰かの為になる事を させて頂ける幸せを感じながら、

  来年も 精進してゆきたいと思います。
 
 
  
 

 DSC_4615.jpg
今年は 夏に久しぶりに娘(小5)が柏にきて、院長に 脳神経の働きをご教授してもらいました。
「先生 太った?」と言ってました。 最近 久しぶりに来られる患者さんによくそう言われています

 

DSC_5255.jpg
  患者さまから頂いて 毎年冬が暖かく仕事できる 手編みの靴下 (本当に毎年重宝してます !いつもありがとうございます





 
 来年は、自分自身も健康に気遣い、
 いつの日か 元気なお婆ちゃん鍼灸師になれる日を目指して・・・来年も  がんばります


皆様  良いお年をお過ごしください

来年も よろしくお願いいたします
                                        さとう ともこ( 山野 )
スポンサーサイト


 5日間 営業を停止して、 無事に 西口の店舗から 東口の店舗に引っ越しが完了いたしました(^^)

 
柏駅東口から 柏神社の交差点を右折して頂き、

千葉銀行さんのところを左折して頂き、真っ直ぐ進んで頂くと着きます


 アベニフ柏というビル (近くに、「処方せん」 という大きな看板のあるビルの
 2階です (エレベーターで上がって頂きます)
 




DSC_2745~2
引っ越し前夜まで 予約をぎっしり頂いて、怒涛の5日間でしたが
なんとか無事に引っ越ししました。

院長もヤマノも、げっそりしましたが、、、 なんとか23日から無事に営業開始です!

引っ越し屋さん、大工さん、沢山の方々にお世話になりましたありがとうございました


DSC_2727.jpg
患者が お花を送って下さり、感激です。 とっても綺麗です



DSC_2730~2
今までより少し広めになりました
赤ちゃんやお子さんが多くいらっしゃるので、おもちゃ箱も引き続きおいてあります

DSC_2721~2
受付のカウンターは、ヤマノがデザインを細かく希望したものを、
兵庫県のノリルクラフトさんに手作りで作って頂きました
漆喰を使ったお気に入りです(^^)
手触りが優しく、 気持ちが和むカウンターです。
 



DSC_2759~2~2

心機一転、 新しく またこの場所で
頑張っていきますので、

今後も皆さん、
セラピーアート柏の花鍼灸院を  健康のよきパートナーとして

日々の暮らしの中で 御利用頂きたいを思っております・・・ 

 
DSC_2753~2
 

    

 ホームページの編集がまだ 追いつかず、 

ご紹介ではない 新規の患者様には、
  どの場所? どの電話番号?? と 混乱させてしまって
申し訳ありません。


            


 
   あたらしい☎番号は、 04-7199-8350 です
 こんにちは 
  
     今回は 皆様に大事なお知らせがあります

 
来月23日から、柏駅東口の新店舗に移ることになりました。


 


 
  場所はホームページの地図をご覧ください。 
  


  15年間、 このビルの階段を登って 通ってくださった 多くの方々に感謝でいっぱいです


  
   
   
2014.12.29 ご挨拶
 本年も無事に営業を終えることができました。

今年新たに御縁のあった方々

以前より御贔屓にして下さった方々

本当にありがとうございました。

皆様のお陰で今年一年充実した年を過ごすことができました。


今年はとても予約が取りづらい状況になってしまい申し訳ありませんでした。

朝と夜の営業時間をさらに拡大して対応してきましたが、それでも新患の

方にも、ひと月以上次のご予約をお待ちになって頂くような状況に

申し訳なく思っております。

暫くは、カイロの新規のご予約は基本的にお休みとさせていただこうと思って

おります。

既存の患者さんにまずはベストの施術間隔で受けて頂くことを

大切にしていきたいと思います。


そしてもう一つお知らせがあります。

来年の2月23日に市内に当院の移転をすることになりました。

詳細は1月にお知らせいたします。


今年一年、本当にありがとうございました。

新年の営業は5日からとなります。

宜しくお願いいたします。

セラピーアート







2014.11.17 負ける練習
かなりのご無沙汰でございます。

この時期に・・・今年初ブログの院長です。
本当にすみません。

毎日沢山のお子さんをみさせていただく機会に恵まれ

発達障害やメンタルの問題でお悩みの親御さんとお話を

させていただく中で、最近心に響いた「言葉」に出会い

ましたのでご紹介させてもらいます。

それは、相田みつをさんの有名な詩です


負ける練習                       
        受け身・負ける練習

柔道の基本は受け身
受け身とは投げ飛ばされる練習
人の前で叩きつけられる練習
人の前でころぶ練習
人の前で負ける練習です。

つまり、人の前で失敗をしたり
恥をさらす練習です
自分のカッコの悪さを
多くの人の前で
ぶざまにさらけ出す練習
それが受け身です。

長い人生には
カッコよく勝つことよりも
ぶざまに負けたり
だらしなく恥を
さらすことのほうが
はるかに多いからです。

そして
負け方や受け身の
ほんとうに身についた人間が
人の世の悲しみや
苦しみに耐えて
ひと(他人)の胸の痛みを
心の底から理解できる
やさしく暖かい
人間になれるんです。

そういう悲しみに耐えた
暖かいこころの人間のことを
観音さま、仏さま、と
呼ぶんです。



この言葉は、その人の置かれた状況や心境により

解釈の仕方はいか様にもできると思います。


私も子供たちや親御さんに常日頃、自信をつける

言わば、勝つ経験の重要性をお話していますので

色んな角度からこの詩を見つめてみました。



そして、人より劣っていたり、遅れていたり、一見

マイナスに思える要素の中にこそ、捉え方を変えれば

そこでしか得ることのできないものが確かにあるように

思いました。

そしてそれらは、きっととても大きなものなんだと思います。

大人でも、病気になってみたり、失敗したり、落ち込んだり

何か失って、無くして、マイナスになってこそ

初めて解ることがあるのかもしれませんね。



今、大変な状況の中におられる皆さんが、ご自身の中で

その意味を考えて、何かプラスなものが少しでも見つかれば

きっと何かが動き出すのではないでしょうか。

私も何か見つかりそうです・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。